So-net無料ブログ作成
経済【食】 ブログトップ

サントリー「伊右衛門」大胆リニューアル 今度は品薄なしでエントリー!? [経済【食】]

スポンサードリンク




サントリーは飲み物の需要が高まる夏を前に、緑茶飲料「伊右衛門」の
大胆なリニューアルを計画,2015年5月12日、新「伊右衛門」が発売。
リニューアルは四季に応じて風味を変え、季節に合った製品を提供
しようというもの。
新製品発売に合わせ「飲みくらべ体験セット」のプレゼントキャンペーンも
開始。

サントリーと言えばそう,あのレモンジーナ等々…今度はしっかり供給
するのか少々注目。あ茶~、なんて事にならない事を願う。





「伊右衛門」は、京都の老舗製茶会社「福寿園」により厳選された国産茶葉を
使い、旨みと味わいが豊かな緑茶飲料として04年に発売。

福寿園とともに伊右衛門を開発し、販売しているサントリー食品インター
ナショナルによれば、今回のリニューアルは「容器・容量ごとの飲み方や
飲用シーンが異なること、季節ごとに水分摂取量や嗜好、飲用実態が
異なることに着目」したことをきっかけに、その内容を検討したという。

容器・容量別には、2リットル入り~280ミリリットル入りなど6種類の
ペットボトルのほか、1リットル入り紙パック、340グラム入り缶を用意。
それぞれで考えられる飲み方や飲用シーンに合わせ味わいを変えて
あるという。
amazon kindleストアランキング! お買い物もできます…


また季節や気温により緑茶飲料に求められる味わいが変化することが
分かり、それぞれの季節に合わせ設計。水分摂取量が増え飲料に
リフレッシュ感が期待される春夏向けには清涼感がある爽やかな風味に
仕上げたとの事。

発売を翌日に控えた5月11日には東京都内で、新「伊右衛門」を対象に
「四季飲みくらべ茶(サ)ロン」というイベントを開催、参加者は口々に
「確かに違う」等と述べていたらしいが,あなたは「違いが分かる」人!?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

セブンからカフェラテ新発売予定!! コンビニコーヒー19億杯に 大手予想は15年度30%増! [経済【食】]

スポンサードリンク




皆さんはもう試しました?

何って…コンビニコーヒーですよ!

いやなに,私も遅れて試した口なんですがね,正直。


当初,セブンだったと思いますが,本格派っぽいコーヒーマシーンが
設置されたのを見て,

「あ、いいかも。
値段良ければ一度飲んでみよ。」

なんて漠然と思ってたんです。

しかしその後,なんか買うきっかけがくて,店内にいる時はたまに気にして
はいたものの,だ~れも買ってる気配がない。笑

んー、やっぱイマイチなのかな?
それともやっぱ広まるには時間かかんのかな?

な~んて思ってたんです。






そんなある日の出来事。

とあるコンビニで情報誌「日経トレンディ」を立ち読みしていました。
(どんだけコンビニでくつろいでんだって???笑)

それで1年間に一番ヒットしたもの特集とかなんとかで,レイコップとかを
抑えて一位だったのは…


「コンビニコーヒー」


アレ!?
そう、紛れもなくあそこで見たはずの、
「あの」
コンビニコーヒーだったのです。。。

しばし沈黙・・・。

あらら、皆いつの間にコンビニコーヒー買ってたの??
俺の目を盗んで・・・やらし~な~。

なんて思いながら尚,半信半疑…。

その後、他のチェーンにも展開されていったのは
言うまでもありません。

飲んでみた感想は…値段の割においしい!

スタバとかは高いから気軽に飲めないし,安いのだと
お馴染みのしかないし,その中間あればいーのになー

なんて思ってたんですよね。

コーヒー飲みながら,いやー、俺って目が高いな~
なんて勝手にご満悦になりながら楽しんでました。笑


遅ればせながらセブンから待望のアイスカフェラテが
新発売ですね。


下記ソースより
「コンビニエンスストアが店頭でいれるコーヒーの市場は
2015年度も成長を続ける見通しだ。大手5社合計の販売計画は
14年度比で約3割増の19億杯となる。セブン―イレブン・ジャパンは
新たに江崎グリコと共同開発したアイスカフェラテを発売する。
前年度までに大手は抽出マシンをほぼ全店に導入済みで、
今後は新商品で女性客などを開拓して、市場を広げる段階に入る。」



*ソース:日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO86495920Y5A500C1TI0000/?dg=1
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

暑い…ローソンのカフェラテが30円も値下げされてるぞ!! [経済【食】]

スポンサードリンク




熱くなってきましたね,ボクシングにテニス…

って,ちょと違いますね。

暑くなってきましたね。

冷たい飲み物がおいしい季節。
熱中症予防や血液サラサラを維持する為にも,
適度な水分補給は大事。

さてさて,今度はなに飲もっかな~,
なんて考えてるあなたに朗報です!


あなたはコーヒー派?それともカフェラテ派?

ローソンがこの度,カフェラテの値下げを発表し,
4/17より展開されています。

なんと30円もですよ!!
円安の影響で食品原材料は続々と値段が
上がってきている現在。
また,野菜の値段も高騰していると聞くじゃ
ありませんか。





そんな中での大幅値下げは,激しくなってきた
コーヒー戦争で勝ち抜く為のテコ入れのようです。
大変ですね,企業間競争って。笑

でも,消費者としては大歓迎!

今度飲み行こっかな~,ローソンカフェラテ。
因みに,販売が本当に好調なのかローソンが
展開するコーヒーサービスブランド「マチカフェ」
machicafe.lawson.jp/
には,販売好調に付,ミルク変更の案内が…。笑

詳しい発表記事は下記。


「ローソンは17日、店員が直接いれるコーヒー「マチカフェ」のうち、
ミルク入りのカフェラテ3商品を値下げすると発表した。28日から
カフェラテMとアイスカフェラテの価格を150円(現在180円)に、
カフェラテLを180円(同210円)にする。「マチカフェ」は
2015年2月期に約3億杯を販売した。
今期は値下げによりてこ入れし約4億5000万杯を目指す。 
 また、レジ横でのドーナツの販売も強化する。
8月までに取扱店を約8000店に増やす。
今期の販売目標は約1億5000万個。」
-時事ドットコムより-
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015041700798


そして,カフェラテ好きさんにはお奨めの下記サイトをご紹介。
ラテの涼しげな画像と共に,夢膨らませちゃってね。


ロケットニュース24
「ローソンのカフェラテが値下げ!180円 → 150円に!!
ファミマとどっちが得なのか内容量と併せて比較してみた」
http://rocketnews24.com/2015/04/28/576081/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

うどんの「丸亀製麺」は入社式をハワイで行い「世界で勝負する」!? [経済【食】]

スポンサードリンク




讃岐うどんチェーン「丸亀製麺」などを運営するトリドールは27日、
2016年4月の新卒入社式をハワイで行うと発表。

同社は
「世界で勝負する会社ということを分かりやすくアピールし、
今後の海外事業を頑張るという気持ちを新入社員と一つにしたい」
(広報)
と話している。

出典:時事通信 (2015/04/27-14:57)





…何も新卒社員対象にハワイに連れていかなくても…
とは私個人の感想ですが。。。

優秀社員対象とかではダメなのでしょうか!?
しかしこんな展開も好景気化の表れですか!?

人を乱暴に扱うより,人に投資するという発想的には
大賛成ではあります。

因みに同チェーン運営会社の「トリドール」
http://www.toridoll.com/

はうどんの本場,香川を連想させますが神戸の会社
なんですね。

ブランド戦略によるネーミングなのです。
同様の例はパンの神戸屋(本社は大阪)なども有名です。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

レモンジーナ販売休止はメーカーの新手の品薄戦略!? [経済【食】]

スポンサードリンク




売れすぎで販売休止のレモンジーナ…

なぜか自分はあっさり巡りあってしまい、

おかげで出会う度に二度も買わされてしまった…

なんかあのジュース,量が他より少ないから今まで

見向きもしなかったんだけどね。(笑)

しかしそんな展開にふと疑問が。





って元々,

「年間の販売量がたった二日で売れるぅ~!?」

って疑問は薄々持ってたんだけどね。

しかも,発売前から「いいね!」って噂で、発売した途端に大行列!!

ってな展開ならまだ納得するものの…


テレビで大々的に宣伝してた訳でもないしね。
(因みにレモンジーナ,電車内の中吊り広告や
リチャード・ギアを起用したテレビCMオンエアしてたとか…
目にしなかったけど)

これじゃぁ

「メーカーの算定が間違ったか甘かったんじゃないの~!?」

「生産絞って売れてる感じ演出~!?」

って思われても仕方ないよね。

個人的には昨今のネットによる話題拡散を逆手にとった

新たな宣伝商法!?なんて感想を持ちました。


参考にした下記のコラムでも述べられてます。

「限定」「特別」「品切れ」「品薄」など希少性を感じさせる

ワードがあると通常よりもモノが売れやすい傾向がある、と。


因みにレモンジーナの前作、オランジーナも大ヒットしたようで
新発売から1ヶ月で年間目標販売数量を達成したため、
計画を上方修正して最終的には当初予定の約4倍の販売数量を
記録した実績も持つんだって。

そんな実績があるのに今回早速売り切れなんて…
ちょこっとオカシーナ!?



*参考:
http://allabout.co.jp/newsdig/c/81463
http://allabout.co.jp/newsdig/c/81396/2/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
経済【食】 ブログトップ