So-net無料ブログ作成

大塚家具,久美子社長がロゴマーク一新,中古市場参入も表明! [経済]

スポンサードリンク




大塚家具の大塚久美子社長は着々と自らが描く新路線を構築―。

あの親子対決騒動が終息し,「ノーサイド」宣言後、ひっそりと会長側に付いていた古参の幹部には更迭人事を行っていた久美子氏。

「ノーサイド」とはいえ,「目に余る行為」をした者には相応の対応が必然,という事らしい。
正当な理由や基準があれば確かに「必然」だが…。


それはさておきそんな新社長がこの度,新経営方針と新会社ロゴを発表。

中古家具の販売などの事業に本格的に参入していく新たな方針を発表すると共に,22年ぶり(!)にリニューアルしたロゴマークを公開。

 「(ロゴは)30年以上使っているものなので、デザインとしては一新して、気持ちを切り替えて」
 (大塚家具 大塚久美子社長)

中古家具事業は中古の家具を買い取り,修理したうえで新たに販売する「リユース事業」に本格的に取り組んでいくというもの。

中古家具の品質を保証するなど「リユース市場をつくっていく」として、家具の買い替えを促していく考えも表明。

 また、大塚社長は、創業者である父・大塚勝久氏が始めた“会員制”の仕組みを改めて、新たな「会員制」を始めることも明らかに。
新たな「会員制」では、客の要望に合わせて部屋の模様替えをする際に家具の移動を手伝うなどのサービスを、会員に優先的に提供するとのこと。

それでは発表時の映像をどうぞ。
(短編映像が消えてしまいました…)


まだ表情に硬さが残る久美子社長ですな。

あなたは差別化高級会員路線の元会長派?
それともカジュアル路線のカジュアル久美子派?

前回経営手腕を振るった際は,景気環境に恵まれなかったとはいえ,結果は出せなかった久美子氏。

とりあえず反乱分子が氾濫しないよう一掃する,メリハリのある政治的手腕は既に発揮されたが,経営的手腕はいかほど―。

実の親を追い出してまで新たな経営路線に拘った久美子社長は,果たして今回結果を出していく事ができるのか!?


参考:TBSニュースi、Nスタ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

あのドン・キホーテが高級店舗に挑戦! 白金台に新規オープン! [経済]

スポンサードリンク




ドン・キホーテで買い物するのが好きな人は若者中心に結構多いのでは
ないだろうか。

安いしカードは使えるし,色々品物は揃ってるので買い物にも時間潰しにも
(笑)重宝すると感じている人は多いはず。

その安売りの殿堂がこの度,高級店舗をオープンする。

その名も「プラチナ ドン・キホーテ」。





15日、ドン・キホーテは既存店舗の特徴である割安感やカオス感覚に「高級感」
のテイストを加えた新型店の1号店を東京都港区白金台に29日オープンする、
と発表。都心エリアの一等地を商圏とする実験型の店舗で、同店の成績次第で、
多店舗展開も検討するとの事。

 店舗の外装は白と金をベースにした雰囲気に統一。
従業員の制服も新型店用に取りそろえ、既存店との違いを演出。
精肉や青果の他、松阪牛の専門店がテナントとして入店するなど、高級食材を
充実させたのも特徴とか。

 売り場面積は994.7平方メートルで24時間営業。同店で年商25億円を目指す。




高級品がそれなりに安く常時購入できるのであれば,今まで手付かずだった市場に
風穴を空ける事ができそうだが,問題は「高級」のレベルと価格。

どちらも中途半端で,庶民的な「ドンキ」に対して高級品を買う層がどれだけ振り向く
かどうか。

無理な背伸びは疲労を招くだけだが,果たしてどうなるか―。
今後の展開に注目。

あなたはどちら派?

*ソース:サンケイビズ
http://www.sankeibiz.jp/business/news/150515/bsd1505151314012-n1.htm
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

アベノミクス…景気は上向いているか…? [経済]

スポンサードリンク




たまたま開いてしまったのでちょい難しい経済記事に目を通してみた。

「アベノミクス」
この名の下に株価は上昇,輸出企業が長年苦しんだ超円高も急速に
円安に向かい自動車産業を始め輸出関連は軒並み好調―。

そんな声はなんとなく新聞紙面やニュースなどの声を通して聞こえて
くる。


しかしそうな内に聞こえてきたのは円安による食材の値上げ。
安くなったのは原油価格くらい?

一体今の景気はどんな状況なのか。
実は読んでも難しくてよく分からなかったが(笑)
何となく分かり気になった点だけ抜粋してみた。

------------------------------

日本国内の失業率が3.4%まで低下しているが、
賃金は「教科書通り」に明確な上昇トレンドを描いていないという。
あらら・・・。


<春闘賃上げ、加速感乏しく>

企業における賃金の上昇圧力は、春闘における妥結企業が増えるにつれ、
勢いが弱くなっている。←そーなの?

まとめによると、4月発表の第4回集計では、定期昇給を含めた賃上げ率は2.24%。
昨年同時期の2.18%に比べ、目立った加速感はない。←実は昨年とあまり変わってない…

中小企業にも賃上げの動きは広がっているとはいえ、賃上げ率自体は主要企業ほどの
勢いはないためだ。

ふむふむ…まず仕事出す大企業が潤わないと下流にも流れないもんね…
賃金底上げにつながるベースアップだけを取り出すと、最終的には0.5%程度と
なりそうだ(内閣府試算)。
昨年の0.4%程度からわずかに増加するとはいえ、サラリーマンが給与増加を
実感できる数字ではない。

やっぱりね。。。
給与増加よりも食材とかの物価上昇のが上だったらマイナスじゃんね…。
春闘が始まる前まで、今年の春闘で昨年の2倍に当たる1%程度のベースアップに
期待したいとの声もあった。それに比べると、春闘での賃上げ率は尻すぼみとなり、
力不足は否めない。






日本総研・山田久調査部長は
「主要企業での賃上げ率はまずまずだったが、結局全体にさほど波及していない。
中小企業ではまだ右肩上がりの経済に自信を持てず、固定費につながるベースアップには
やはり慎重だった」
とみている。

また、失業率と賃金の関係をみても、教科書通りには進展していない。
昨年来低下の一途をたどり、今年3月時点で3.4%まで低下。

しかし、中小企業や非正規雇用なども含んだ勤労者の給与を網羅する毎月勤労統計では、
2014年の所定内給与水準が、結局前年割れ。
今年1─3月も前年比0.1%の伸びにとどまった。゛
↑え~,これじゃあだめじゃん…

この点について、SMBC日興証券・チーフエコノミストの牧野潤一氏は
「労働市場で主婦層や退職者の労働参加率が上昇しており、65歳までの参加率は80年以降
最高水準、65歳以上も急速に上昇している」と指摘。

なんだか難しくなってきたけど… 結局,主婦層や高齢者が今まで以上に働くようになって,そんな高い給料じゃなく雇える。 企業も働き手を高くない給料で確保できるからそんな人材不足でもないし,じゃ,そんな 給料上げなくても、、、みたいな展開って事? 結局上がっているのは株価だけって事??? 投資なんてする余裕のない庶民には恩恵まだまだぢゃん。。。


*ソース:ロイターニュース
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0NW04H20150511
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

大塚家具 久美子社長「お詫びセール」で笑い止まらず… [経済]

スポンサードリンク




前代未聞の公衆の面前での経営陣親子対立で世間の
話題をさらった大塚家具が18日、全国の16店舗で
「新生・大塚家具 大感謝フェア」
と銘打ったセールを開始。

 新宿店は開店前に130人が並ぶ大盛況で、初日だけで
1万257人が来店。
3月の株主総会で経営権を握った 家具屋姫こと大塚久美子
社長(47)は同店で先着100人にガーベラの花をプレゼント、
「久美子」の名から企画したと思われる93万5000円の高級
寝具セット(各店限定10セット)は初日に完売。





専門家曰く、
「これだけテレビや新聞に取り上げられたのだから、宣伝効果
だけでも軽く10億円は超えています。

そこに『新生』という言葉をつけたセールです。お客さんは
元会長勝久氏のころとは違う気軽に入れる店になったと思って
来店するでしょうし、“大塚家具で買った”と自慢するために
買い物をする人もいるでしょう。
来年3月の引っ越しの時期までに売り上げが2、3割は
伸びると思います」

 宣伝効果が10億円。
昨年の売り上げが555億円だから、仮に3割増となれば
売り上げは約166億円増。
しめて約175億円の経済効果。
親子対立はイメージダウンだったが、その注目度を利用した?
“お詫びセール”で起死回生とは,やはり久美子社長は
只者ではない!?

「そもそも2人の対立は久美子氏がテレビやチラシなどの
宣伝費を減らす方針を打ち出したことが発端です。
久美子氏にとって宣伝費は無駄遣いと同じ。
それが今回の騒動で1円もかけずに大宣伝ができたの
だからVサインしているでしょう。」

との声もある。

*ソース:日刊ゲンダイ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159163
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース